本文へスキップ

日本各地から男性がご来店する、男のセラピストがやっている「アロママッサージサロン」のスマホ用のページです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-4604-0070

東京の新宿区 神楽坂(新宿駅から乗車10分程度)

HEADLINE

結局、どこへ行けばいいの?




こんにちは。男性専門オイルマッサージセラピストの塚越です。


■マッサージって、「正直、どこへ行けば良いか分からないです。」と思っていませんか?


世の中に、マッサージ、オイル、アロマ、ロミロミなどの「リラクゼーションサロン」から、カイロ、整体院、整骨院、接骨院、鍼灸などの「治療院」まで様々なお店や院があります。

いったい自分は、どこへ行ったら良いのか分からないです。と感じるのも無理はないかと思います。


道は、2つです。




簡単に、言うと道は2つです。


1、気持ちの良い施術を受けて、癒されたくて体を軽やかにさせたい。場合は、「リラクゼーションサロン」へ。

2、痛みや、しびれ、不調を根本から改善させたい場合は「治療院」へ。



目的は、1つ。




リラクゼーションサロンから、治療院まで幅広く、さらに様々な「手技、技術」がありますが目的は「たった1つ」です。


●目的 = 健康
(美容、癒しも含めて。)



どんなセラピストや治療家でも、お客さん、患者さんの「健康」を目指して施術を行っています。


どこへ行っても「健康」のための手技、技術なので、「どこへ行ったら良いのか?」お店を決めるためには「自分が何を求めているのか?」によって開ける「ドア」が変わります。


3つのドア




マッサージ店を選ぶ時に、どこへ行けば良いのか分からない場合。まずは「自分が何を求めているのか?」を知る必要があります。


そのような中であなたは、「3つの扉」から開けるドアを選ぶことになります。


1、気持ちの良い施術の扉

(癒し、リラクゼーション、非日常の時間そのものを味わう事が目的のドア。)


2、症状が楽になる施術の扉

(施術後、スッキリ軽やか。こりが楽になる。重かった体が、スッキリ軽やかになる事が目的のドア。)


3、症状を治すための施術の扉

(不調を根本から改善する事が目的のドア。)





【3つの扉】

1、気持ちの良い施術の扉
2、症状が楽になる施術の扉
3、症状を治すための施術の扉


● 上記の「扉」の中で、【1、気持ちの良い施術の扉】または、【2、症状が楽になる施術の扉】を選んだ人が行くべき場所は。

>>リラクゼーションサロン

(マッサージ、オイル、アロマ、ロミロミなど。)


● 上記の扉の中で、【2、症状が楽になる施術の扉】または、【3、症状を治すための施術の扉】を選んだ人が行くべき場所は。


>>治療院

(カイロ、整体院、整骨院、接骨院、鍼灸など。)




理想の施術頻度




リラクゼーションサロン


●疲れた時や、疲れる前など、受けたい時に施術を受けて体を楽にしましょう。1ヵ月に1回のご褒美や、ボディケア、メンテナンスのために施術を受けて良い状態をなるべくキープ。


治療院

●体が良くなるまで、週に1〜2回の施術。良くなったら、卒業。

もう同じ症状で苦しみたくない場合や、再発防止のために、卒業後は月1回のメンテナンスがオススメ。



行くべき場所は、分かりましたが。




リラクゼーションサロンへ行くべきか、治療院へ行くべきか。は分かりました。しかし、サロンも院も多くありどこへ行ったら良いですか?


ここで、こんな声も聞こえてきそうです。


●結論から申し上げますと、施術してくれる「人」で選ぶことをオススメします。


それはいったい、なぜ?かと言うとどんな施術でも、目的は「健康」を目指して行っているからです。


あとは、施術を受ける間、自分の体に触れて頂く、同じ時間を過ごす「人(セラピスト、治療家)」と相性が合うのか?


「ぜひ、施術して頂きたいです。」と思えるかどうか。なんです。




●HPなどで、プロフィールをチェックし、ブログなどで人柄を知り施術して下さる「人」で選ぶことをオススメします。


どんな施術も目的は、お客さん、患者さんの「健康」のために行っていて、お客さんや患者さんの「健康」のために、セラピストも治療家も日々、勉強していますので、どこへ行っても素晴らしいと思いますよ。


著者:プロフィール



開業9年1200人以上の方を施術して来た経験があり、今では日本各地から多くの男性がご来店する、予約の取りづらいサロンになる。

気持ち良くて癒される施術に、現在はセラピストの枠を超え「治せる」施術を修得する事を目的に、治療家のセミナーに参加し学びを深めている。

copyright©2018 新宿 男のアロマオイルマッサージサロン
【メンズハンド】
all rights reserved.